薄毛治療の答えはミノキシジルにある!

現在薄毛治療によく使われているミノキシジルは、元々は血管を拡張させて血圧を下げるための薬として使われていました。
しかし、その副作用として全身の多毛症が頻繁に引き起こされていたために頭皮への外用薬として臨床試験が行なわれ、脱毛症に有効であることが分かったために薄毛の治療薬として使われ始めました。
医薬品成分として発毛効果が認められていますのでクリニックでの治療によく用いられていますが、市販の育毛剤でも含んでいるものがあります。

ミノキシジルを含む育毛剤はリアップとロゲインです。
どちらも市販の育毛剤の中ではかなり優れた効果を発揮する商品です。
リアップは大正製薬が発売している育毛剤であり、頭皮に使用することでミノキシジルが毛包に直接作用して薄毛を改善することができます。

詳しく見てみると、頭皮の毛細血管を拡張して血流を改善し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用が期待できます。
毛包の状態にも変化が見られ、小さくなってしまった毛包を大きくすることができますので、細くてコシのない状態になった髪の毛を太くて丈夫な状態にしてくれます。

ロゲインはアメリカの製薬会社が世界で初めて販売したミノキシジル配合育毛剤です。
発売された当初は2%の濃度で配合されていましたが、現在では5%になっていてリアップと同じです。
スペックを比較してみると同じような内容になっていますので、薄毛への働きかけは同じ程度で行うことができます。

直接毛母細胞に働きかけ、細胞分裂を活性化させることで髪の毛の成長を早める働きをするミノキシジルですが、男性型脱毛症の頭頂部にのみ効くとされています。
額の生え際における効果は確認されていませんので、この点には注意が必要です。

副作用に関しては、外用薬を用いた場合には発疹やかゆみ、かぶれ、フケなどが表われることがありますし、内服薬の場合には、動悸やめまい、むくみ、不整脈、多毛などが起こる可能性があります。
また、使い始めた後に初期脱毛が起こる点も押さえておきたいところです。

ミノキシジルはフィナステリドとの併用がおすすめ

男性型脱毛症を引き起こす要因にジヒドロテストステロンという物質があり、このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱します。
男性ホルモンの一種であるテストステロンと酵素の5αリダクターゼが結合するとジヒドロテストステロンという悪玉の男性ホルモンを作り出しますので、薄毛を改善したければ5αリダクターゼの働きを抑制する必要があります。
この働きを持つのがフィナステリドであり、ヘアサイクルを正常化させますので太くて長い髪の毛を取り戻すのに役立ちます。

頭皮の血行を良くして毛母細胞の活性化を促進し、髪の毛が生える土壌をつくる働きをするのがミノキシジルであり、脱毛の原因となっている5αリダクターゼを抑制することでヘアサイクルを正常化させるのがフィナステリドです。
薄毛の改善にはどちらの作用も必要ですので、併用するのが効果的です。
併用することで、より有効な治療を行うことができます。

経口薬としてフィナステリドを取り入れると脱毛を引き起こす成分を体内で阻害する脱毛防止剤の役割を持ちますが、脱毛を防ぐだけでは本格的な薄毛の改善にはつながりません。
そこでミノキシジルを併用して発毛因子を刺激すると発毛自体を促すことができます。
つまり、それぞれに長所と短所があって、短所を補うことで治療効果を高めてくれます。

現在クリニックで行われている処方は、経口育毛剤としてフィナステリドが処方され、外用薬としてミノキシジルが処方されます。
この二つを併用することが重要だといわれており、薄毛の専門クリニックなら他の外用薬との組み合わせも試すことができます。
成分濃度を調節することも可能ですので、一日でも早く自分に合った薬を利用し始めることが大切です。